ナルパチ dinok8 カジノ決めつけは百害あって一利なし仮想通貨カジノパチンコピナクル 登録

ナルパチ dinok8 カジノ決めつけは百害あって一利なし仮想通貨カジノパチンコピナクル 登録

ナルパチ dinok8 カジノ決めつけは百害あって一利なし仮想通貨カジノパチンコピナクル 登録

刀剣 乱舞 グッズ ミュージカルk8 カジノ

コード ギアス スロット 演出細川社長の人気連載「問われるコーチング力」も併せてチェック!

 「あいつはいつも話を聞かないな」「彼はいつもルーズだな」

 そんなふうに相手のことを決めつけている人はいないだろうか。なぜ人は相手を決めつけてしまうのだろうか。今回はそのことについて話す。

<事例>

ITに関するコンサルティング企業の企画部のB課長は部下の働きが気になってしょうがない。ある定例会議での出来事。

B課長:さあ、会議を始めるぞ。D君がいないじゃないか。最近彼は遅いな。遅刻が慢性化しているのではないか。

L君:いや、今日、彼は取引先との重要な会議があり、どうしても出席できないと、先週の会議で言っていて、課長もOKを出していましたが。

B課長:そんなこと言っていたか。覚えてないな。まあいい。さあ、今日はそれぞれの進捗について話してほしい。Zさん、先日話しあったあの企画の件だけれど、どうなっている?

Zさん:あの件ですが、先週は別の案件で忙しく手を付けられていません。すみません。ただ……。

B課長:先週も似たようなことを言っていなかったか! 君は仕事の優先順位を付けられないな。これは最優先でやってほしいと伝えたのだから、他の仕事をどうにかしてやらないといけない。まったく! M君、○○社との契約はどうだ?

M君:最終のところまで来ているのですが、社長の決裁を待っているのです。

B課長:何? 社長決裁をまだもらっていないのか。いつまでと約束してあるか?

M君:いや、それは……。

B課長:期限を言わないと相手は行動しないだろう? 君は詰めが甘いな、まったく。

みんなはしゅんとして、下を向いてしまった。

人はなぜ評価したがるのか

 人はなぜ評価したがるのだろうか。

 「なぜ、あいつはいつもこうなんだ」「あいつはだめだな」

 評価=思いこみ/決めつけであり、固定観念や先入観なども含まれる。1度固定観念を持つと、人はそれをなかなかぬぐいされない。わたしはこれを「思考の枠」と呼んでいる。

 しかし、現在は世の中が凄まじい勢いで変化している時期であり、ある思考の枠に閉じこもっていると、すぐに取り残されてしまう。思考の枠を広げたり、取り去ったりして、常に新しいものを取り入れることが求められている。人についても同じことが言える。決めつけていては人は決して伸びない。そして伸びない部下を持って損をするのは誰だろうか。もちろん自分である。

サーバントリーダーシップの時代仮想通貨カジノパチンコ大阪 女子 サッカー 中学

コメントを残す